ハナビスト・冴木一馬が選ぶ2016年 この夏絶対に見逃せない花火大会

洞爺湖名物のロングラン大会で水中花火100連発を実施!

第35回洞爺湖ロングラン花火大会

北海道虻田郡洞爺湖町

洞爺湖名物のロングラン花火大会。期間中は毎日450発の花火が打ち上げられるが、7月23日(土)は五号玉を100発使用する、水中花火100連発が予定されている。

花火職人による世界初の花火が打ち上がる!

第26回赤川花火大会「紬 ~心 染む、しあわせ花火~」

山形県鶴岡市

伊那火工堀内煙火店の20号が全て三重芯で打ち上がる予定。6発全てが三重芯は世界初となる快挙。また、磯谷煙火店によるストーリー仕立てのドラマチックハナビでは、今年はイルカが見られるとのこと。

大淀川を渡る変色のナイアガラは必見!

第68回みやざき納涼花火大会

宮崎県宮崎市

フィナーレに大淀川を渡るナイアガラは、虹色から始まって変色していき、非常に珍しく、かつ壮大で美しい。

県内の花火師たちによる趣向をこらした花火に注目!

市川三郷町ふるさと夏まつり 「第28回神明の花火大会」

山梨県西八代郡市川三郷町

山梨県内の花火師が合同で開催している大会。今回はフラッシュ千輪という、ピカッと光ってから小さな花が一斉に咲く花火が見どころ。

スペインの花火「モーター」が打ち上がる貴重な機会を見逃すな!

第31回神奈川新聞花火大会

神奈川県横浜市西区

神奈川県下では最大規模の大会。今年はスペインの「モーター」という珍しい花火を見ることが出来る。地上から銀色の尾を引きながら上昇するのだが、途中から間延びしたようにグググッと続けてさらに上昇する。

時間差で三段に開く10号玉を10発一斉に打ち上げる様は絶景!

2016 びわ湖大花火大会

滋賀県大津市

10号10発一斉の三段咲き、という珍しい花火が打ち上がる。三段咲きとは、一つの花火玉が時間差で三段階に開くこと。それを10号という大きな玉で、しかも10発並んで一斉に打ち上げるので、まるで湖面一帯に花が咲き乱れるような光景が広がる。

パステルカラーで咲くスペインの水中マイン「アソーテッド」!

スターライトイリュージョン2016

和歌山県和歌山市

スペインのアソーテッドと呼ばれる珍しい水中マインの花火を見ることが出来る。日本の花火の色とは全く異なる、独特のパステルカラーが特徴。陸上から発射されて10秒後ぐらいに突然破裂する。

江戸時代の花火「和火」の温かみを感じられる大会

第32回みさわ港まつり花火大会

青森県三沢市

外国製の火薬が輸入されていなかった江戸時代に作られていた「和火(わび)」と呼ばれる花火が打ち上がる。非常に色が暗いので、都会では使いにくい花火だが、風情ある火の温かみが感じられる。

国際大会で日本代表を務めた花火師が組むプログラムは必見!

教祖祭PL花火芸術

大阪府富田林市

世界平和を祈念し、多彩な花火が打ち上げられることで知られる大会。今年は、国際三大花火競技会のひとつであるカナダのモントリオール国際花火大会で日本代表を務めた花火師がプログラムを組む。

ハナビスト・冴木一馬氏プロフィール

全国各地の花火の撮影を続けるうちに、花火の研究や花火大会のプロデュースも行うようになった花火スペシャリスト。花火師の資格も取得。

http://www.saekikazuma.com/