第31回なにわ淀川花火大会

金麦特等席

第31回なにわ淀川花火大会

大会のみどころ

第31回なにわ淀川花火大会

1989(平成元)年に市民ボランティアによる手づくりの花火大会としてスタート。今や大阪の夏の風物詩として、最大級の規模と人気を誇る花火大会となった。2019年で31回。「令和」となり初めての花火大会となり、昨年度に負けない趣向を企画している。大玉の花火によって視界全体を覆う圧倒的な迫力の花火を楽しめる。

金麦特等席のポイント

特等席はテーブルもありスペースも広くゆったりと観覧でき、なにわ淀川恒例の連続で打ち上がる大迫力の花火を十分に堪能できる。