夏本番!今週末開催される花火大会9選(全国版・8/4~8/5)

2018年8月3日 14時17分 配信

8月に入り、いよいよ夏本番!まだまだ全国的に猛暑が続くなか、今週末も全国各地で花火大会が開催される。今週末開催の花火大会の中から、注目の9つを紹介しよう。

第43回 江戸川区花火大会(東京都江戸川区) / 8月4日(土) 19:15~20:30

すべての写真を見る(9件)
東京都江戸川区と千葉県市川市で同時開催する大規模な花火大会。異なる8つのテーマで、それぞれのイメージに沿ったBGMに乗せて打ち上げる。

恒例の5秒で1000発を打ち上げるオープニングに始まり、金銀の線が垂れ下がるような金冠でフィナーレを迎えるまでの約75分間、次々と切り替わる演出が観客を魅了する。

第59回いたばし花火大会(東京都板橋区) / 8月4日(土) 19:00~20:30

荒川をはさんで両岸の東京都板橋区と埼玉県戸田市で、2つの花火大会を同時開催。両岸でそれぞれ約6000発ずつ、合わせて約1万2000発の花火が壮大に打ち上げられる。

迫力満点の尺玉をはじめ、充実したプログラムの中でも、最大の目玉は総延長700メートルに及ぶ関東最長クラスの「大ナイアガラの滝」。さらにフィナーレには、視界いっぱいに広がるワイドスターマイン「天空のナイアガラ」で盛り上がる。

ほかにも国内最高峰とも呼ばれる花火師が手がけた芸術玉など、見逃せないプログラムがめじろ押しだ。

第72回あつぎ鮎まつり大花火大会(神奈川県厚木市) / 8月4日(土) 19:00~20:30

神奈川県厚木市で2日間にわたって行われる「あつぎ鮎まつり」の初日夜に行われる花火大会。スターマインで始まり、大玉、創作花火などが次々と打ち上がる多彩なプログラム。フィナーレは県下最大級のスケールを誇る「大ナイアガラ」だ。

第30回なにわ淀川花火大会(大阪府大阪市) / 8月4日(土) 19:40~20:40

1989(平成元)年に市民ボランティアによる手づくりの花火大会としてスタート。今や大阪の夏の風物詩として、最大級の規模と人気を誇る花火大会となった。

2018年は30回の節目となる記念の大会のため、これまでにない趣向を企画している。大玉の花火によって視界全体を覆う圧倒的な迫力の花火が、なにわの人々の夢をのせ打ち上げられる。

第73回 全国花火大会(岐阜県岐阜市) / 8月4日(土) 19:15~20:30

今回のテーマは「新時代への鼓動」。3基のワイドスターマインで平成の30年を振り返り、光と音と饗宴で会場いっぱいに感動を届ける。

開幕は「岐阜放送 テレビ半世紀」を祝う超ワイドスターマインや特大スターマイン、3号、4号の打ち上げ花火が華麗に夜空に大輪を咲かせる。

20時頃からは、長良川を横断する約300メートルのナイアガラの滝花火の後、地元の岐阜小学校の6年生が「ふるさと岐阜」をテーマにデザインを考えた華麗なスターマインを真夏の夜空に打ち上げる。

第48回みなとこうべ海上花火大会(兵庫県神戸市) / 8月4日(土) 19:30~20:30

兵庫県神戸市の夜景をバックに展開する海上花火大会。尺玉やスターマイン、仕掛け花火が神戸港一帯をまばゆく照らし出し、海と一体化した演出が見事だ。第48回は兵庫県政150周年を記念して、花火打ち上げ数を1万5000発に規模を拡大して開催される。

第49回仙台七夕花火祭(宮城県仙台市) / 8月5日(日) 19:00~20:30

仙台七夕まつりの前夜祭として親しまれてきた「仙台七夕花火祭」。杜の都・仙台街並みから見る花火は圧巻で、毎年多くの観光客でにぎわう。

第71回清水みなと祭り 海上花火大会(静岡県静岡市) / 8月5日(日) 19:30~20:30

8月4日(金)から3日間開催される「清水みなと祭り」の最終日に行われる花火大会。清水港上に浮かべられた2台の台船から約60分間に約1万発、休む間もなく花火が打ち上げられる。

音と光の競演の壮大なスケールは、会場を訪れた人々を魅了する。そのほか、子供たちから募集した創作花火「子ども夢花火」も毎年人気だ。

わっしょい百万みんなの花火(福岡県北九州市) / 8月5日(日) 20:20~20:50(予定)

8月4日(土)・5日(日)の2日間にわたる北九州市最大級のイベント「わっしょい百万夏まつり」のフィナーレを飾る花火。音楽に合わせて3000発(予定)の花火が夜空を彩る。

■花火特集2018
全国約1000大会の花火大会情報をお届け!開催当日に天候による開催可否もお知らせします
https://hanabi.walkerplus.com/