祭りの2日目に打ち上げられる尺玉は迫力満点!徳島県小松島市で「小松島港まつり花火大会」開催

徳島県小松島市の小松島町新港地区一帯で7月14日(日)、「小松島港まつり花火大会」が開催される。

色鮮やかな花火は必見! 大迫力の尺玉も見逃せない

徳島県小松島市で7月13日(土)・14日(日)に開催される「小松島港まつり」の2日目に花火が打ち上げられる。祭りでは露店の出店のほかに、阿波踊りや自衛隊護衛艦の一般公開、浴衣コンテストなど、多彩なイベントが行われる。

【写真を見る】花火だけでなく、阿波踊りなど見どころ満載の祭り

担当者は「港まつりの1日目には伝統的な阿波踊りがあり、小松島の中心地を阿波踊り連が迫力満点に闊歩。2日目には2500発の花火が夜空に打ち上げられます。さらに祭りを盛り上げるのは自衛隊の護衛艦や海上保安部の巡視船の一般公開です。日常では見ることができない護衛艦や巡視船を間近で見れば興奮間違いなし!夜のイベントだけでなくお昼にも様々なイベントをやっているのでぜひ足を運んでいただきたいです」と祭りの見どころを紹介する。

徳島の魅力を感じられる毎年恒例の祭り。なかでも2日目に打ち上げられる尺玉は迫力満点なので必見だ!

詳細情報

ウォーカープラス公式Twitterアカウント


情報は2019年06月24日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。