花火大会速報!2021年の花火大会はどうなる? 開催予定・中止まとめ【全国版】

東京都


天神祭奉納花火/大阪府

2021年7月25日(日)開催予定※2021年は中止が決定

大阪の夜景と花火のコラボレーションが堪能できる、天神祭奉納花火
大阪の夜景と花火のコラボレーションが堪能できる、天神祭奉納花火画像提供:大阪天満宮

1000年以上続く日本三大祭りの一つ、大阪府大阪市の天神祭の最後を飾る花火。約100隻の大船団のかがり火と、約5000発の花火が織りなす光景は幻想的。例年、天神様にちなんで、梅鉢の形に開く紅梅というオリジナル花火が打ち上げられる。本年は昨年に続き、中止が決定した。来年の開催に期待したい。
※2021年は中止となりました


2021びわ湖大花火大会/滋賀県

2021年10月29日(金)開催予定※2021年は中止が決定

湖のほとりで、夜空に咲く花火が堪能できる、びわ湖大花火大会
湖のほとりで、夜空に咲く花火が堪能できる、びわ湖大花火大会画像提供:公益社団法人 びわこビジターズビューロー

琵琶湖の風物詩となっている、びわ湖大花火大会。約35万人もの人出で湖畔が賑わうなか、豊かな自然を背景にスターマインなどが打ち上げられる。


第94回全国花火競技大会「大曲の花火」/秋田県

2021年8月28日(土)開催予定※2021年は中止が決定

大曲の花火の様子。名物のワイドスターマインが夜空一面を照らし出す
大曲の花火の様子。名物のワイドスターマインが夜空一面を照らし出す画像提供:秋田県大仙市

1910(明治43)年から続く、秋田県大仙市の花火競技大会。全国の花火師が技を競い合うコンクール形式で行われ、“昼花火”、10号玉の“芯入割物の部”、“自由玉の部”、“創造花火”の4部門がある。名物となっている大会提供花火では、音楽に合わせたワイドスターマインなど、斬新な花火が登場する。


長岡まつり大花火大会/新潟県

2021年8月2日(月)・3日(火)開催予定※2021年は中止が決定

ほかではなかなか見られない大型花火の競演が楽しめる、長岡まつり大花火大会
ほかではなかなか見られない大型花火の競演が楽しめる、長岡まつり大花火大会画像提供:一般財団法人 長岡花火財団

日本三大花火大会のひとつに数えられる花火大会。名物の正三尺玉が打ち上げられる。この正三尺玉の大迫力を体感するなら、打ち上げ場所に近い長生橋上流がおすすめだ。全長約2キロにもおよぶ復興祈願花火「フェニックス」は、圧倒的な大スケールを堪能できる。
※2021年は中止となりました


関門海峡花火大会/山口県

2021年8月13日(金)開催予定※2021年は中止が決定

関門海峡花火大会は、海岸からでも、山の上からでも眺められるので、花火と一緒に夜景を楽しめる
関門海峡花火大会は、海岸からでも、山の上からでも眺められるので、花火と一緒に夜景を楽しめる画像提供:関門海峡花火大会実行委員会門司

海峡をはさむ山口県の下関市と福岡県北九州市の門司区の両岸で、例年は合同開催される花火大会。下関市側は尺5寸の大玉打ち上げ、水中花火などが見どころとなる。山口県側・福岡県側どちらも昨年に続き、中止が決定した。
※2021年は中止となりました




※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

情報は2021年9月7日 11:29時点のものです。おでかけの際はご注意ください。